転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、どちらかと言えば面接係員…

転職とは、企業とのやりとりというより具体的には「担当面接官」と…

  • 転職活動を成功させたい場合、希望している企業そのものより、具体的には「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、先ずは面接だからといって焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。お見合いをするような意識で向かうと良いと思います。とくに面接を通じて第一歩としてあなたの人柄や人間性を判定してもらうのでマイナス評価となるような見た目や言動は注意しゼッタイにやめましょう。なおかつモラルある社会人らしい清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。オーラを感じさせることができればいいです。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。
  • 仕事を変えようとしようとしている時に閲覧する募集要項の情報というの…

  • 職を変えようとしようとしている時にチェックする募集要項に関しては、参考程度に、アバウトに載っている、ということもあります。なので、載っている内容は何もかもが正確であるとはあてにするのはやめておいたほうが良いでしょう。とりわけ報酬に関しては一般的な値なのか?最低額なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といった判断ができない人のほうが多く自分の判断で読み取ってしまうと、後から後悔する確率もあります。そのため、嫌な思いをすることになる前に、求人に載っている情報はおおまかなものだと思って、そういったようなたいへん大事な事は会社の方に直に問い合わせた方が良いでしょう。