転職をするにあたっては事前にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を閲覧したり・・

転職をするにあたってははじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりし…

転職するのなら、予め、ハローワークの求人票を見たりして転職したい会社を調査すると思います。しかしながら、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントに相談をしていることが少なくありません。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の会社情報や社員のインタビューについては、馬鹿正直に信じるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。もしも額面通りに受け止めて入社してしまった場合、予想とは全く違うと気が付くことになることが多いです。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後、いろんなイチャモンをつけて会社を辞めれないように画策します。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。

仕事を探すにあたっては、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェン…

新しい仕事を探すとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」すなわち斡旋をしてくれる会社が存在しますが、そういったところに登録して就職できたとしても、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと失業保険の給付対象にはならないので気をつけなければいけません。一方、ハローワーク経由で斡旋された会社に就職したときは、就職のための準備金として、「一時金」を得られたりもします。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。このことについて踏まえておかないと、失業中に給付金を手に入られないので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。