転職をする場合、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりし・・

転職活動を始める場合、始める前に、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したり…

  • 転職をする際は、前もって、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調べるとは思います。その会社が情報を載せる際には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。その種のコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はそのまま信じるよりも、疑いながら読んだ方がいいでしょう。鵜呑みにして入社した場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」と後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、難癖をつけながら辞めさせないように画策しています。この手のブラック企業には注意が必要です。

  • 詐欺|転職時、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 仕事を探すのに、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」要するに斡旋をしてくれる会社が存在しますが、あなたがそのエージェントに登録し、幸運にも就職先が決まった場合でも、失業保険とは何の関係もないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付してもらえないのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。これに対し、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらい、就職できたのなら、就業用の準備金として一時金を受け取ることができます。ネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。このことについて踏まえておかないと、失業中にお金を受け取れなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。