転職を繰り返さないための術が一つだけあります。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。

退職と転職を繰り返さないための対策は、シンプルです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に拾えます。そんな、時に転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を鍛えることが可能です。それは、ズバリ海外への旅行です。海外は、生活様式、言語、文化など、違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま面接に行けば、自信満々に自己アピールができるはずです。しかし、退職間もないあいだは、メンタルが弱気になりやすいので、その後のために休業期間も必要です。

「石の上にも三年」という教訓があります。

日本には昔から「石の上にも三年」という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。ですが、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。実際に転職したいなら、時期を的確に捉える必要があります。まず第一に、今現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、納得できない点をおよそ10個、探してみてください。そうしておくと、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ早々に、今より良い仕事ができるようにトライしていることも大切です。