転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。

退職と転職を度々しないための対策が一つだけあります。

退職と転職を度々しないための打開策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在は、インターネットを使って精神面を鍛えるのには良い情報は直ぐに拾うことができます。そして、転職以外の行動によっても、精神面を強くすることが可能です。それは、海外に行くことです。海外旅行に行くと、文化も言葉も違うので、刺激を受けることばかりです。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、今までの面接とは違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただし、退職後しばらくの間は精神面がダメージを受けやすいので気力回復のために休みも必要です。

「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

古来より日本には「石の上にも三年」という教えがあります。昨今、その背景を裏付けるかのように「転職」は当たり前になりつつあります。が、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に転職するつもりなら、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。最初に、現在の職場・具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満に思う点を箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は箇条書きしてみてください。こうした作業をしておくことによって、転職活動がスムーズになるはずです。そして、おおまかな進路が見いだせたら、迷うことなく、今より良い仕事ができるようにトライしてみましょう。