転職候補に挙がっている会社で見学などがあるとたいへん参考になります。

転職したい会社で会社見学などがあれば、すごく勉強になります。

転職候補先で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。そのなかでも職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られて気持ちが高ぶります。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学では高確率で見学者には、いつも通りの仕事現場を見せてくれることは少ないです。例を挙げるとずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この職種では、個人のプライドが強いので入社してみないと、本当の姿はわからないものです。そのため、見学内容がそのまま仕事、と決めつけないことが無難です。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はとても危険ですから正直言って、気を付けるべきです。雇用契約を結んでない人には仮に何かトラブルが発生しても、保障もないので、スタッフから勧められても丁寧に断るとこが大切です。

新しい仕事を探すのに、とにかく今働いている会社をきちんと退社してか…

新しい職を探すのに、今働いている会社をきちんと退社してからという人もいるでしょうが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスがいつもらえるのかを前もって調べておきましょう。ボーナスが支給される企業は多く存在しますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスをもらえる日が近づいているのであれば、それから辞職するという考えも得策です。ボーナスはってかなり大きい額になると思うので、頂いておいた方が良いと明らかなわけですから、退職の際にはボーナスの支給時期についてまず確認しておいた方がもったいない思いをしません。