転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職時の面接では人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、訊かれるのは確実です。この場合、いかなる理由があったにせよ、以前の職場の人づきあいや労働環境についての愚痴とも受け止められる内容などは、極力話さないほうがいいでしょう。なぜかというと、そのような不満を口にすると、せっかくのチャンスをふいにしてしまいかねません。そのため面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが大切です。、正直な理由でなくとも、「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、キャリアアップを目指していくつももりです。」のようなアピールの仕方が重要です。
  • 転職というものをする場合、その職場の給与ばかりに気を取られる人が…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先での自身の給与を過剰に気にする人が案外少なくありません。もちろん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として稼ぐべく仕事をしているはず。したがって年収の額は自分がどのくらい評価してもらえるか、という側面もありますから、とうぜん大切に思うのは至極当然です。でも、必要以上に年収の額ばかりを異常にこだわりすぎる人生というのもさみしいものです。それより収入に直結しない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスはあるからです。