転職時の面接では面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか…

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

転職時の面接で面接官から「転職の理由は何ですか?」といった形で、かなりの高確率で聞かれます。このとき、どのような訳がであれ、前の職場の「働く環境」「人づきあい」についての愚痴とも受け止められる回答は、可能な限りしないようにしましょう。なぜかというと、此の様な内容の話は、せっかくのチャンスを台無しにしてしまいます。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがとても大切です。、正直な理由でなくとも、「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」のような内容で自分を売り込むことが担当者の心証はよくなります。

転職する場合、転職先での自分の給料ばかりを気にする人…

転職をする場合、転職したあとの年収ばかりに気を取られる人がけっこういるでしょう。とうぜん大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として得るために励むとは思います。したがって自身がどれほど評価してもらえているか、という面もありますから大切なのは否定できません。でも、ひどくもらっている年収の額に異常にこだわりすぎる人生というのも虚しい気がします。年収が期待できない業種でったも精神的な充足感を得られることは少なくないからです。