転職時の面接で人事担当から「転職理由をお聞かせください・・

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職する際には面接が必須となります。人事から「転職の理由は何ですか?」という風に、100%の確率で聞かれます。この時、どれだけ正しい意見だと思っても、前の職場の人間関係や働く環境についての愚痴とも受け止められる返事は、なるべくしないほうが良いでしょう。なぜかというと、そのような不満を口にすると、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを逃してしまうことになります。そのため面接では「前向き」な人物であると印象づけるのがかなり大事です。実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といったような未来形での話ぶりが担当者には受けます。

転職というものを考える際、その職場の自分の年収ばかりを気にする人…

転職しようと考えたとき、転職後の自分の給料ばかりを気にする人は、案外多くいます。とうぜん確かに、ですから生活費を給与としてもらうべく励むのはずです。ですから自分自身がどのくらい評価してもらえるか、という面もありますから当然大切なものであることは当然ともいえます。でも、あまりにもらっている年収額に気にかけすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がしませんか?この世には年収が期待できない業種でったもやりがいを感じられることが少なくないからです。