転職活動では、希望する企業相手というよりもある意味、「担当面接官」・・

転職は、最初の第一歩は希望先転職先の会社企業というより、…

  • 最短で転職したい場合は希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員との勝負ともいえます。面接で満足いく結果を出すために、先ずは面接の時間になる前に焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。たとえばお見合いをする意識で望むと問題はありません。とくに面接がはじまると最も最初にあなたの中身を判定してもらうので悪い印象を与える行動は気をつけて避けましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 仕事を探しているときに閲覧する募集事項は、一般的なものとし…

  • 転職を考えている際に閲覧することになる求人情報については、通常のものとして記載されている、ということもあります。なので、そこに記載されている内容は全部正しいものだと簡単に信じるのはやめておいたほうが賢明でしょう。なかでも生活に大きくかかわってくる給与の額などにおいては、一般的な金額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高値なのか?というような評価ができる人は少なく、自分勝手に決め込んでしまうと、悔いが残る確率もあり得ます。それゆえに、求人というのは、うのみにせずに、そういったたいへん大切な事は会社側に直に問い合わせた方がベストです。