転職活動では、最初に、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したり…

詐欺|転職活動の際は、あらかじめ、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たり・・

転職活動を始めるとき、予め、ハローワークやインターネット上の求人情報を見たりして転職候補先の会社を調べるでしょう。その会社が情報を載せるにあたっては、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公開する場合でも差しさわりのない表現をします。そのような類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんな言いがかりをつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

就職活動をするにあたっては、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

転職を行うに際しては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼ることもありますが、そういった場所で登録してその結果仕事に就くことができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには給付されないので注意しなければいけません。他方、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就業したときは、就業に備える準備金として一時金が支給されます。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険などの手続きはしてもらえません。このようなことを知らなければ、失業中にお金が手に入らなくなるため、そうならないように注意しましょう。