転職活動をしているなら、気になる求人(または職種)があれば・・

転職活動をしているなら、気になった求人(職種)を見つけた際には…

転職活動をされているのなら、気になる求人(業界)を見た際にしっかり「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットでチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、簡易的なインターネット検索によってすぐに現実を知ることができます。そのような検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、直後にガッカリしてしまうおそれがあります。その求人が頻繁に出ている理由が「仕事がキツイからなかなか人が定着しない」という場合がかなり多くあります。気になる案件・業種については、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必須です。

転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に映る「ファッション」は、気になっている人も多いと思います。しかし、最近の採用面接では私服が多い企業があるので、スーツ(正装)で出向かなくても良いでしょう。とくに会社の創設してすぐの歴史のない企業ほど、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服の方が印象が良くなります。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるのも魅力のひとつです。そうして、私服だと面接中に、服装の話もしやすくなります。ですから、面接担当者へのアピールにもなります。ということで、今後、転職する際は、企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。