転職活動をしている際に、面接において間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて面接時に例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて面接でほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、これと違って転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。給料の不満、上司とそりが合わないことなど、採用担当者に悪いイメージを与えやすいものです。とはいっても、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。それにプラスして、この会社に入社してこんなことをしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で巧妙に話をすり替えましょう。

これまでの私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく・・

これまでは新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」に通っていました。理由は、規模の大きな「転職サイト」は、どうしても都心部での求人情報がメインになっているためです。であったため、転職はいつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、掲載されている企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域密着なので、安心できます。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と先入観を持っている人が少なくはないでしょう。以外にも、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、この先転職するべきか悩んでいる場合は、ハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。人気の転職サイトのようなこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。