転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。面接では、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、仮に一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的には後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収を設定することです。なお、現在の年収が400万円の方が、転職後に500万円となる可能性はほとんど場合ありえません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、退職しなければならないという事態になることを招きかねません。

詐欺|このところ私は派遣会社に登録しています。

このところ私は派遣会社に登録しています。インターネットサイトで何の気なしに自分に合っていそうな仕事を探して応募したい旨を伝えると「そのお仕事はもう他の方の採用が内定しています」とお断りされて瞬間的にウェブサイトからお仕事の情報がなくなるのですが、どういうわけか次の日になればもう一度載っています。ということは結局私だとよくないのだって意味ですよね。そうであれば初めからトラブルにならない程度に正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはもしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?