転職活動を行うとき、はじめに、ハローワークやネット上の求人情報を見たりして…

転職活動をするとき、まず、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりし…

  • 転職活動を始めるとき、まず、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして興味のある会社を調べると思います。ですが、その会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、それをすべて信じるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろと難癖をつけて退社させないように謀っています。この手のブラック企業には注意しましょう。

    仕事を探すのに、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

  • 仕事を探すのに、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る場合もありますが、たとえそのような業者に登録してその結果新しい仕事を見つけることができたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険は給付されないので注意する必要があります。これと違って、ハローワーク経由で斡旋してもらった会社に就職した場合は、就職のための必要なものを揃えるための一時金を受け取ることが可能です。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このようなことを頭に入れておかなければ、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、そうならないように注意しましょう。