転職活動中に、面接で必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

詐欺|転職活動で間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をやっていると、間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、率直に話しても差し支えないですが、転職理由についてありのままに話すのはよくありません。たとえば報酬に関する不満、人間関係の問題など、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そしてさらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、そのために御社に応募しました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

    前は職探しは「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。

  • かつての私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を活用していました。というのは、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心の求人情報しかないからです。これまでの転職活動をする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域に密着した企業も多くあり、都心部以外での転職をするときには重宝します。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」とイメージしている方も多くいるかもしれません。でも、良い求人もそこそこ掲載されているのでもしも勤めている会社を辞めたい場合は、お近くのハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。