近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」・・

近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を出した人、雑誌で紹介された人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話・メールで接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンティングと推測されることを言われたときには、そうなったキッカケを思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する会社もありますが、そういったものは高い確率で詐欺ですから騙されてはいけません。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が払う必要はありません。

  • 人の紹介で転職する先を探すこともあるでしょう。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職を叶えようとしている人もいるでしょう。しかしながら、転職の先の労働環境やそれから労働条件に関する情報について、知人の口コミを過剰に信じるとあとで面倒なことになるおそれがあります。そういうわけは個人の口コミというのは主観が入ってしまうからです。紹介した人の立場ではベストな働く場所であっても、自分自身の主観で見た場合、そうではない環境かもしれません。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最終的には自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。