近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

詐欺|最近、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。

  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの専門業者も増加しています。あなたに特許を出した経歴があるなら、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許を出願した人のほかに、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、「功績」ある人に狙いを定めて、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われる連絡があった場合は、そういったことが無かったか考えてみましょう。極稀にヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求してくる会社もありますが、そういったものは完全な嘘であるので引っかからないようにしましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が負担するものではありません。

  • 人の紹介で転職する先を見付ける人がいます。

  • 人の紹介をキッカケにして転職先を見つける人もいます。それも悪いとはいわないけど転職先の労働環境、労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報のみであまり信じすぎてしまうのは、面倒なことになるかもしれません。そういうのはそういう口コミは誤解・齟齬が多くなってしまいます。紹介した人にしたらかなり良い職場であっても、あなた自身には、まったくそう思えない場合かもしれません。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけで判断せず、最終的には自身の目でしっかり確認しておきましょう。