転職詐欺に注意

転職詐欺に注意

転職の面接で着用するスーツのカラーについては、新卒の人たちが就職活動の・・

転職の面接で必要なスーツの色合いは、新卒の就活の時に身に付ける色味が基本となっています。ということは、黒や紺のダークなカラーになります。それが、再就職の場面においても、着用するビジネススーツの色は黒系や紺系のダークカラーがほとんどで、そうでない色のビジネススーツの人はほぼいません。
転職詐欺に注意

転職活動をしているなら、気になる求人(または職種)があれば・・

転職活動をされているのなら、良いと思う求人(あるいは職種)を見付けるたびに忘れず「〇〇業、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界のマイナス点は、アドバイスはないものと思っていてください。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、ネット検索を通じてカンタンに実態を知ることができます。
転職詐欺に注意

勤めていた会社で反りが合わない上司に困惑してしまい・・

昔務めていた会社で嫌な感じの上司に悩みを持ち、ついにはやっていくのは難しいと考えてその会社を辞め、同じ業種の別の会社に転職をしました。会社の雰囲気がよくきわめて満足の日々でしたが、緩やかに業績が悪くなって、とうとうある会社に経営統合されることになりました。
転職詐欺に注意

詐欺|新しい会社につきたいと転職活動をする大半は、「1日も早…

もっと良い職場につきたいと転職活動をする人というのは、「1日でも早く、内定(採用通知)が手にしたい」と思ってしまうものです。が、内定通知を得たいあまり、自分自身をより大きく見せたり、あるいは逆に安売りするような言動はぜったいに止めておきましょう。焦ってしまう気持ちを抑え、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに専念しましょう。
転職詐欺に注意

詐欺|派遣会社に会員登録して働く人が近頃は多くなっています・・

派遣会社を介して仕事をする人がだんだんと増えてきていますが、仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを面接の際に確認しておくべきでしょう。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収するシステムと考えることができますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。
転職詐欺に注意

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるなら・・

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということを速やかに上司に伝えるべきです。ただし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、場合によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。
転職詐欺に注意

詐欺|退職と転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

転職を繰り返さないための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。加えて、転職とは全く異なる行動によっても、精神を鍛えられます。
転職詐欺に注意

求人についての広告には、大部分の場合はたいていの株式会社で…

求人関連の情報では、ほとんどの場合、大部分の企業では月にもらえるお金が記載されているはずです。この月収を調べれる時には、深く確認する事が欠かせないです。その値だけで判断しないほうが無難です。というのは企業によっては、月収の金額の中身が「毎月30時間の残業」が条件になっているかもしれません。
転職詐欺に注意

詐欺|近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。特許を取ったことのある人は、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許を取った人以外にも、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかのインパクトがあった人を対象に、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。
転職詐欺に注意

あなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」など…

もしもあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移って転職したいと検討している人、実践している人が増えています。ここ最近は転職サイトをうまく活用すれば、地方や郊外での求人情報にも手軽に知ることができますが、ですが、地方や郊外での求人については、どうしても大都市よりも少ないのが難点でもあります。