内臓脂肪を減らすヨーグルトはコレ!【効果・口コミで比較】おすすめ5選

 

内臓脂肪はヨーグルトで減らせます。

 

最近は機能性を持たせた製品が多く売られています。

 

どのようなヨーグルトが内臓脂肪に効果があるのか紹介します。

 

ヨーグルトが内臓脂肪を減らす?

 

善玉菌にはとても多くの種類があり、得られる効果も様々です。

 

最近多くみかける機能性ヨーグルトは、数ある善玉菌の特徴を生かした製品です。内臓脂肪を減らす効果のある製品もあります。

 

ガセリ菌SP株

 

乳酸菌の一種です。最も内臓脂肪を減らす効果があることが、化学的に実証されています。

 

他に、コレステロール値の低下、整腸作用、免疫力アップなどの効果もあります。

 

ガセリ菌LG21(乳酸菌LG21株)

 

ガセリ菌に属する乳酸菌のひとつで、胃酸に強いので胃で働くことができます。ピロリ菌の抑制が主な働きですが、胃の働きを正常に維持する効果もあるので、内臓脂肪の予防効果も期待できます。

 

プレミアガセリ菌CP2305株(プレミアガセリ菌CP2305株)

 

ひと由来の乳酸菌です。

 

腸内の環境を正常に近づける働きがあることから、便秘や下痢の悩みの改善に効果があります。腸内環境が整えは、新陳代謝が良くなるため、内臓脂肪対策としても効果が期待されます。

 

また、睡眠の質の改善やストレス軽減効果もあります。

 

ガセリ菌PA-3株(乳酸菌PA-3株)

 

食物に含まれるプリン体の影響を制限する効果があります。プリン体は、痛風や高尿酸血症の原因となる物質です。

 

内臓脂肪値が高いことで発症するとは限りませんが、肥満体や過食が原因なので、予防として役立ちます。

 

ガセリ菌TMC0356(TMC0356株)

 

花粉症などのアレルギーやインフルエンザ対策として特に有効です。腸内細菌のバランスを整える働きがあるので、新陳代謝を活性化させる効果も期待できます。

 

クレモリス菌FC株

 

腸内環境を整えて、腸内のビフィズス菌を増やす効果があります。スムーズな便通に導く効果があるので、内臓脂肪の蓄積でドロドロになった血液をサラサラにする効果が得られます。

 

ビフィズス菌

 

善玉菌のひとつで、整腸作用や腸内のコレステロール値を下げる効果があります。

 

コレステロール値が下がると、血液がサラサラになって血行が促進されるので、内臓脂肪を減らす効果も期待できます。

 

ブルガリスク菌

 

腸内細菌のバランスを整える働きを持っていて、腸の健康維持に効果を発揮します。

 

腸内の老廃物がスムーズに排泄されるようになれば、新陳代謝もよくなるので、内臓脂肪を減らすのに役立ちます。

 

L.ガゼイシロタ株

 

腸の環境を整える働きがあります。腸の働きが活性化されて、新陳代謝がアップすれば、内臓脂肪を減らす効果も期待できます。

 

内臓脂肪を減らす!おすすめヨーグルト5選

 

雪印メグミルクガセリ菌SP株ヨーグルト(特定保健用食品)

 

内臓脂肪を減らすのをサポートするヨーグルトです。メーカーの臨床試験において、内臓脂肪の減少が確認されています。

 

有効成分:ガセリ菌SP株
効果:内臓脂肪低減の効果が科学的に検証されています。
希望小売価格:脂肪ゼロ・砂糖不要タイプ100g・105円

 

口コミ:

 

・主人の内臓脂肪が心配で、購入しています。3か月くらいで、お腹が少し凹んだような気がします。
・糖分も脂肪もゼロタイプはカロリーも低く安心です。内臓脂肪対策が簡単にできるのは嬉しです。

 

カルピス届く強さの乳酸菌100プレミアガセリ菌CP2305

 

腸内環境の改善に役立つヨーグルトです。腸内の増えすぎた悪玉菌を減らして、滞っている腐敗物質を減らすことができます。

 

有効成分:プレミアガセリ菌CP2305
効果:腸内環境の改善をします。
希望小売価格:ドリンクタイプ100ml・128円

 

口コミ:

 

・飲むタイプなので、手軽に利用できて便利です。すっきりとした味なので飽きずに飲めます。
・内臓脂肪値が心配なのと、便秘が気になっていたので飲んでいます。毎朝快調です。

 

明治プロビオヨーグルト PA-3

 

プリン体の除去ができるヨーグルトです。飲みすぎや食べ過ぎで、痛風や高尿酸血症が心配な人は、継続して食べておくと、発症の予防につながります。

 

プリン体を食べてしまう乳酸菌PA-3株を含んだヨーグルト。2015年に登場した。

 

有効成分:PA-3
効果:プリン体の除去
希望小売価格:112g・129円
口コミ:

 

・メタボで、尿酸も高いので、痛風の発症予防に食べています。今のところ、快調です。
・痛風になってしまいました。ヨーグルトをせっせと食べているせいか、現在は治まっています。

 

明治プロビオヨーグルトLG21

 

LG21はガセリ菌に属する胃酸に強い乳酸菌です。胃酸に強い特徴があるので、胃の環境を整えるのに役立ちます。

 

有効成分:ガセリ菌LG21
効果:胃酸に強いので、ピロリ菌の抑制が主な効果です。整腸作用も持ってるので、継続して食べれば内臓脂肪にも効果が得られます。
希望小売価格:112g・140円

 

口コミ:

 

・ピロリ菌の予防に食べています。ガセリ菌に属するということで、内臓脂肪への効果も期待しています。
・胃もたれが気になって食べ始めました。便通もスムーズになって、ベルトの穴がひとつ手前になりました。

 

フジッコ カスピ海ヨーグルト

 

粘りの強いヨーグルトです。酸に強く生きたまま大腸に届くので、腸内環境の改善に効果を発揮します。

 

有効成分:クレモリス菌 FC株
効果:糖の吸収を抑制し、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。血糖値が上がりにくくなることで、血液の状態が正常に保たれるので、内臓脂肪の燃焼しやすくなります。
希望小売価格:400g・258円

 

口コミ:

 

・容器が大きいので、自宅で朝食時として食べています。血糖値の常習が緩やかになり、血液もサラサラです。
・粘りの強いヨーグルトなのて食べ応えがあります。夕食に食べると、朝からすっきりとします。

 

内臓脂肪を減らすヨーグルト!一日どれくらい食べたら良い?

 

内臓脂肪を減らしたり、腸内環境を整える働きを持っていても、即効性は得られません。

 

効果を実感できるまでには、個人差がありますが、一定期間食べつつけることが必要です。

 

例えば、内臓脂肪に効くというキャッチコピーで販売されている、雪印メグミルクガセリ菌SP株ヨーグルトは、メーカーが12週間にわたって検証がされています。体内の環境が変わったのを確認するには、最低でも3か月食べるとよいでしょう。

 

確認の結果、内臓脂肪が減っていたとしても、その時点で食べるのを止めると、再び上昇する可能性があります。

 

食事や運動療法を取り入れながら、食べづけることが、正常な内臓脂肪値の維持につながります。

 

内臓脂肪を落とすなら食事療法がカギ!おすすめレシピ&食品の選び方も紹介

 

内臓脂肪を減らすヨーグルト!おすすめの食べるタイミングはある?

 

買ったらすぐに食べる

 

ヨーグルトには賞味期限が記載されています。冷蔵庫に保存しておけば賞味期限まではおいしく食べられますが、乳酸菌は生きているので、保存している間にどんどん減少します。

 

買ってきたらなるべく早く食べることが大切です。

 

朝食べるか、夜食べるか

 

多くの乳酸菌は酸や熱に弱いという特徴を持っています。一般的な乳酸菌が含まれているヨーグルトは、胃酸分泌が活発な、空腹時に食べると乳酸菌が死滅しやすいです。

 

乳酸菌は生きた状態でなくても、腸内環境の活性化にある程度の効果はありますが、生きている方がより効果的です。

 

一般的なヨーグルトは、朝食や夕食限らず、食後に食べたほうが効果を得やすいといえます。

 

ダイエット効果には食事の前

 

ダイエットを目的にしているのなら、食事の前に食べておくと、過食を防げます。

 

ただし、糖類が含まれているタイプは、糖質が吸収されやすいので、無糖大夫がおすすめです。

 

内臓脂肪を減らすには夜

 

内臓脂肪を減らす目的で食べるのなら、ガセリ菌配合のヨーグルトを夜に食べましょう。

 

食後で、就寝の3時間前後がベストタイムです。1パックならカロリーもさほど多くありませんし、腸内環境の改善に効果が得られます。

 

40度ぐらいまで温めると、さらに乳酸菌の働きがアップします。60度以上に熱くすると、乳酸菌が死滅するので注意しましょう。

 

内臓脂肪を減らすヨーグルト!食べ過ぎは良くない?

 

お腹が緩くなる

 

機能性ヨーグルトは、腸内環境改善や内臓脂肪の減少などを目的としているとしても、即効性はありません。

 

早く改善したいからと、一度にまとめて食べても効果はないのです。効果がないだけでなく、腸内の細菌バランスが一気に変わることで、下痢や便秘の症状になることもあります。

 

カロリー・糖質の摂りすぎに注意

 

ヨーグルトには無糖や脂肪分ゼロのタイプもありますが、甘味や脂肪分が含まれているタイプもあります。

 

食べやすさという点では、甘味や脂肪分が含まれているタイプの方が勝っています。1日に1個程度なら、血糖値や内臓脂肪に影響することは、ほぼありませんが、食事のたびに食べたり、大量に食べた場合、カロリーの摂り過ぎになるので、注意が必要です。

 

トッピングはほどほどに

 

トッピングはヨーグルトをおいしく食べる効果的な方法です。豆乳で割ったり、きなこ、ドライフルーツ、グラノラなどと合わせるととてもおいしいです。

 

ただ、食事として食べれば問題はありませんが、間食やデザートとして利用するのは食べすぎです。
ヨーグルトに内臓脂肪を減らす効果があっても、トッピングのおかげで、効果が半減してしまいます。

 

まとめ

 

内臓脂肪は機能性ヨーグルトで改善することができます。

 

食べるタイミングを考えて、継続して食べ続ければ、内臓脂肪の管理に役立ちます。

 

【2018年新】内臓脂肪を落とすお茶おすすめ5選!効果・口コミを公開!