【口コミ】青の花茶が内臓脂肪に効く?効果や副作用はなし?

青の花茶は、鮮やかなブルーが特徴のお茶です。

 

デトックス効果があり体内の余分なものをすっきりと排泄してくれるので、内臓脂肪を減らす効果も期待できます。

 

青の花茶とは?

どんな商品?

デトックスができるお茶です。甜茶、アマチャヅル、メグスリノキ、ラフマと、ブルーの色を出すバタフライピーの5種類ハーブがフレンドされています。甜茶が入っているので、天然の甘さがあって飲みやすいです。

 

サポニン、カテキン、ポリフェノール、フラボノイドが主な成分で、他に複数のミネラルやビタミンも含んでいます。体内に蓄積している老廃物の排泄を促します。

 

どんな効果がある?

むくみの改善、食事からの脂質の吸収抑制、肝臓の働きを活性化、内臓脂肪を減らすなどに効果を発揮します。

 

たとえば、アマチャズルには脂肪の吸収を抑制するサポニンが含まれていますし、ラフマにはデトックスやストレス緩和の効果があるフラボノイドが含まれています。そして、バタフライピーには、アントシアニンがブルーベリーの約4倍も含まれています。

 

体にため込んだ脂肪や毒素の排泄を促して体調維持に効果的なお茶です。

 

副作用はない?

青の花茶は天然のハーブをブレンドして作られています。昔から利用されているハーブばかりでカフェインレスなので、基本的には副作用の心配はありません。

 

注意点があるとすれば、病気療養中の人やアレルギー体質の人です。心配な場合は、購入前に主治医に相談をすると安心です。

 

青の花茶の口コミはどう?

悪い口コミ

 

ブルーのお茶にひかれて購入しました。お腹周りの脂肪がとれることを期待していましたが、甘さがダメで口に合いませんでした。


良い口コミ

 

鮮やかな色のお茶で癖はありません。少し甘味があるので、間食代わりに飲めてストレスがありません。少しずつ体重が落ちてきました。


 

濃度を薄くして大容量にして1日中飲んでいます。お茶を飲み始めてから体か軽くなった気がします。内臓の脂肪が減っているといいなと思います。


 

健康のために夕食は早めに食べて、炭水化物を減らしているので寝るまでにお腹がすきます。ほんのり甘い青の花茶を飲むと落ち着きます。カフェインレスなので、飲む時間を選ばないのが嬉しいです。


まとめると

甜茶が入っているので味の好みが分かれるようです。評価している人は、間食代わりになるのでストレスが溜まらないと口コミをしています。

 

青の花茶は鮮やかなブルーが特徴のお茶で、老廃物の排泄を促したり内臓脂肪に効くハーブで作られています。飲み続けることで、体内の不要物の排泄が促されて、食事療法や運動療法の効果が実感しやすくなります。

 

青の花茶の最安値販売店は?

公式サイト

定期購入コースは公式サイトでしか利用できません。定期購入すれば指定日に必ず次回分が届くので、手持ちがなくなる不安がありませんし、自分で注文する手間も不要です。通常価格安いですし送料も無料です。

通常価格 5680円(送料無料)、定期購入コースなら初回は980円
プラン ラクトコース(定期購入)初回980円、2回目以降4580円(送料無料)

楽天

複数のショップで取り扱いがあります。

金額 30包6264円〜7300円+購入ショップによっては送料が別とかかります。
特典 公式サイトで得られる特典は無し。定期購入コースもありません。

アマゾン

青の花茶の発売元メーカーのファビウスが販売しています。在庫が限定となっているので、常に購入できる保証はありません。

金額 30包6846円
特典 公式サイトにある特典は利用できません。まとめ買いはできます。

店頭販売はある?

取り扱いはありません。

 

まとめ

青の花茶は、茶葉ではなく天然の5種類のハーブで作られています。ハーブの力で体内に蓄積した毒素の排泄を促して体内環境を整えます。

 

継続して飲むと、めぐりが良くなって内臓脂肪が燃焼されやすくなります。

 

【2018年新】内臓脂肪を落とすお茶おすすめ5選!効果・口コミを公開!