転職した場所では、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

職場を変えたいと思っているのなら、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。

  • 転職した場所では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、入社して1年目はほとんど「試用期間」が入っている会社があるのです。私のケースでは、どうにかして転職したというのに、悲しいかな前職での稼ぎと年収とあまり差がありませんでした。そのうえ、業務はとてもキツく、かなり責任が伴うものだったので、初年度を越すのも非常に骨が折れました。そのような経緯から1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、できるだけ転職する前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。
  • 詐欺|転職活動をする上での最後の壁として、現在勤務している企業からの退職があります。

  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題として、今勤務している企業からの退職があげられます。転職先の企業が決定したとしても、今いる会社があなたを放出したくないとして引き留めしてくる可能性があります。そうなってしまった場合、何があっても退職する、という強固な信念を維持することが大事です。たとえ会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。会社の規定を良く調べ、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。その後、決定権を持つ上司と談判し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と遠慮せずに伝えます。円満退社という形をとることも転職活動の大事なポイントです。