【2018年新】内臓脂肪を落とすお茶おすすめ5選!効果・口コミを公開!

 

内臓脂肪はため込むと、生活習慣病などの病気のリスクが高まります。

 

食事と運動療法で改善はしやすいのですが、内臓脂肪を落とすお茶を利用すると、もっと簡単にコントロールができます。

 

 

内臓脂肪を落とすお茶のメリットは?

 

飲み忘れしにくい

 

内臓脂肪を確実に減らすには、継続して続けることが大切です。

 

お茶は薬ではないので、飲む時間やタイミグに制限がありません。

 

日常の飲料用としてお茶を利用すれば、飲み忘れの心配がありません。

 

極端な食事制限不要

 

内臓脂肪を減らすには、バランスの良い食事が不可欠です。

 

炭水化物、糖質、脂質に偏った食事を見直して、場合によってはカロリーの制限も必要となります。

 

内臓脂肪を落とす効果のあるお茶を取り入れると、極端に減らさなくてもよいので、空腹を我慢したり、ストレスが溜まったりすることかありません。

 

腸内の環境が自然に整う

 

配合されている茶葉の効用によっては、腸内環境が活性化されて、滞りがちだった老廃物の排泄がスムーズになります。

 

便秘が改善されて巡りが良くなれば、新陳代謝が活性化されるので、内臓に貯まった余分な脂肪も自然と消費されるようになります。

 

内臓脂肪に効くお茶!おすすめランキング5選

 

白井田七。茶

 

白井田七。茶は、含まれている栄養分を丸ごと摂取するために粉末にした緑茶と、有機栽培された希少価値の高い白井田七人参で作られています。

 

お腹のポッコリ、食生活の乱れなど健康が気になり始めた人のための健康茶です。

 

容量:1箱30包

 

価格:通常3728円(税別)・初回限定1980円(税別)

 

飲み方:1包を500mlの水かお湯に溶かし、2回から3回に分けて食事時に飲む

 

内臓脂肪に効く成分:エピガロカテキンガレート、メチル化カテキン、サポニン、フラボノイド、必須アミノ酸

 

効果:巡りをスムーズにしてボコりおなかを改善

 

おすすめポイント:お茶に含まれている有効成分を丸ごと配合し、希少価値の高い白井田七人参も配合

 

口コミ:

 

・食事制限だけでは、思うような効果が得られなかったのに、白井田七。茶を飲み始めてから、お腹がすっきりしてきたような気がします。健康診断が楽しみです。

 

・健康茶マニアで、いろいろなお茶を試してきました。内臓脂肪の数値が気になっていたので、何とかできないかと思い、田七人参が配合されているならと試しました。人参茶は癖のあるものが多いので、心配はありましたが、白井田七。茶は飲みやすくて安心しました。

 

白井田七。茶の口コミ・詳細はこちら

 

メタボメ茶

 

健康志向の人やダイエッターに注目されているお茶と成分を贅沢にブレンドしています。

 

脂肪の吸収を抑えるプーアール茶、カリウム・マグネシウム・食物繊維などを含むウーロン茶、現代時に不足しがちなミネラル分が豊富な杜仲茶がブレンドされています。

 

さらに、ポリフェノールが豊富な黒豆も入っています。

 

容量:1か月分30包

 

価格:通常1か月分2750円(税込)、お試し12日分初回限定970円(税込)

 

飲み方:1包を300ml程度の好みの量のお湯で煮出す

 

内臓脂肪に効く成分:カテキン、没食子酸、アントシアニン、ポリフェノール、サポニン、食物繊維

 

効果:食事に含まれる糖質や脂質の吸収を抑えるとともに、体内の巡りを良くして内臓脂肪の燃焼を促します。

 

おすすめポイント:4種類もの内臓脂肪に効くお茶が配合されていること。飲む時間やタイミングを選ばす、食前・後、食間などいつ飲んでも良いこと。

 

口コミ:

 

・癖がなく、飲みやすいです。食事の時や普段の飲料用に利用しています。お腹周りがサイズダウンしてきたような気がします。

 

・健診でメタボと注意され、妻が探してくれました。いつ飲んてももいいし、無理な食事制限もいらないので、気に入っています。

 

メタボメ茶の口コミ・詳細はこちら

 

ダイエットプーアール茶

 

ダイエットプーアール茶は、中国雲南省で大切に育てられた茶葉を、静岡にある衛生管理の行き届いた工場で加工しています。

 

健康維持に効果のあるカテキンや、女性に嬉しい美容成分を豊富に含んでいます。ダイエットや体型維持に効果的な健康茶です。

 

容量:1箱35包

 

価格:通常4262円(税込) 初回限定お試し・12日分970円(税込)、35日分3016円(税込)

 

飲み方:1包を300ml前後の好みの濃さに出して飲みます。

 

内臓脂肪に効く成分:重合カテキン、没食子酸、カリウム、ポリフェノール

 

効果:プーアール茶に含まれる成分が食事に含まれる脂質や糖質の吸収を抑制し、体内の巡りを良くする働きがあります。

 

おすすめポイント:甘いものや揚げ物がやめられない人も、プーアール茶を飲みながら食べれば、いつもより体内への吸収率が低くなるので、太りにくくなります。

 

口コミ:

 

・ダイエットをしても少し体重が減っては、リバウンドを繰り返していました。ダイエットプーアール茶を飲み始めてから、体重の維持ができています。

 

・カロリーゼロで飲みやすいので、普段の飲み物をすべてダイエットプーアール茶に変えました。お茶の成分なのか、甘い飲み物をやめたせいなのかわかりませんが、少しずつ体重が落ちています。

 

ダイエットプーアール茶の口コミ・詳細はこちら

 

茶流痩々

 

国産茶葉で作ったプーアール茶です。管理された専用室で80時間以上発行させて製造しているので、輸入品と比較すると、ポリフェノールの配合率が約1.5倍以上も多いです。

 

内臓脂肪の改善のサポートに効果を発揮します。

 

容量:1箱に5gのティーバッグが30個

 

価格:通常4500円(税抜)、定期コース初回限定2700円(税抜)

 

飲み方:1パックに対して500mlのお湯で煮出して飲む

 

内臓脂肪に効く成分:重合ポリフェノール、没食子酸、ミネラル、ビタミン

 

効果:体内の巡りの正常化。ポッコリお腹の改善。健康維持。

 

おすすめポイント:国産の茶葉から作られたプーアール茶は、海外産の茶葉を使用した製品より、ポリフェノールの配合量が多いことが確認されています。

 

癖がなく飲みやすい上に、コスパもよいので、継続して飲み続けても家計を圧迫する心配がありません。

 

口コミ:

 

・紅茶のような香ばしさで、おいしく飲めます。ペットボトルに作って、1日中飲むようにしていたら、お腹の周りがすっきりしてきたような気がします。

 

・茶葉も国産なので、大量に飲んでも安心です。即効性はないと書かれてありましたが、1か月目で、お通じが改善されてきました。内臓脂肪が落ちている嬉しいです。

 

茶流痩々の口コミ・詳細はこちら

 

青の花茶

 

お湯を注ぐと鮮やかなブルーのお茶になり、デトックス効果があります。

 

タイの女性に愛飲されているハーブのバタフライピーが配合されているのが特徴です。

 

ほんのりとした天然の甘さがあって、1日1包を飲む習慣にすると、体内に貯まった老廃物が排泄できます。

 

容量:1パック30包

 

価格:通常5680円(税抜)、定期コース初回限定980円(税抜)

 

飲み方:ティーポットに1包いれ、熱湯を注いでから2分から5分蒸らします。好みの濃さで飲みます。1包で1リットルくらいまで飲めます。オレンジジュース、豆乳、などとアレンジしてもおいしいです。

 

内臓脂肪に効く成分:アントシアニン、サポニン、フラボノイド

 

効果:体内に貯まった老廃物の排泄。むくみにくくなる。リラクゼーション効果。

 

おすすめポイント:ペットボトルにティーバックをいれっばしにできるので、ブルーの色がある間は飲めます。甜茶が配合されていて、天然の甘さがあります。

 

口コミ:

 

・お湯を入れたら鮮やかなブルーになったので、ちょっとびっくりしました。飲んでみると、甘味があって飲みやすかったです。

 

・飲み始めてから、夕方のむくみが気にならなくなりました。甘味があるせいか、間食が減って、体重も少しずつ落ちています。内臓脂肪も減少している気がします。

 

青の花茶の口コミ・詳細はこちら

 

内臓脂肪を落とすお茶のおすすめの選び方は?

 

新陳代謝を促進させる成分を含んでいるか

 

健康効果の高いお茶には、様々な有効成分が含まれています。

 

中でも、内臓脂肪に働きかける成分が配合されている点に着目します。

 

例えば、新陳代謝をアップする効果のある成分には、サポニン、カテキン、カフェインなどがあります。

 

すでに蓄積してしまった内臓脂肪の燃焼を促してくれます。

 

サポート成分は含まれているか

 

新陳代謝がアップする成分だけでは、内臓脂肪を効率よく燃焼させる効果は弱いです。ビタミンやアミノ酸など体内の働きを活性化させる成分も、必要です。

 

飲みやすさ

 

飲みやすいお茶であることも選択のポイントてす。お茶は、薬ではなく健康食品です。

 

お茶の内臓脂肪を減らす効果を確認するには、最低でも1月から3か月、飲み続ける必要があります。

 

どんなに内臓脂肪に有効な成分が配合されているとしても、独特クセ、苦みなどが強いお茶は、継続して飲みつつけることは難しいでしょう。

 

コスパはよいか

 

毎日、続けて飲むには、費用効率も大切です。生活費を圧迫しない価格のお茶を選ぶことも、選び方のポイントです。

 

一番おすすめの内臓脂肪に効くお茶は白井田七。茶!

 

数ある内臓脂肪に効くお茶の中で、最もおすすめできるのは白井田七。茶ですね。

 

緑茶と白井田七人参をバランスよく配合しているのが理由です。

 

白井田七。茶の主原料の緑茶には、脂肪や糖の吸収を抑制する効果の高いカテキン、ストレスの改善効果のあるテアニン、内臓脂肪の燃焼をサポートして巡りを促すサポニンが含まれています。

 

さらに、健康維持に不可欠なビタミンB・C・E、葉酸、βカロテンも含まれています。

 

白井田七。茶は、茶葉そのものを粉末にすることで、含まれている栄養成分を余すことなく摂取できるように工夫しています。

 

さらに、希少価値の高い白井田七人参も配合しています。

 

成分には、サポニン、フラボノイド、必須アミノ酸、ビタミンB群、亜鉛をはじめとする複数のミネラルが含まれています。国内で有機栽培しているので、安全性の高いものです。

 

白井田七。茶を飲みながら、バランスの良い食事、適度な運動を組み合わせれば、内臓脂肪の数値は減らしやすいですよ。

 

内臓脂肪を落とすお茶って効果なし?

 

お茶に含まれる成分が決め手!

 

お茶にはカテキンやポリフェノールといった成分が含まれています。

 

カテキンには、血糖値の上昇を緩やかにしたり、糖質の吸収を抑制する働きがあります。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があります

 

。即効性はありませんが、継続して飲み続ければ、体内に蓄積した老廃物や内臓脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

 

間食や食事の量が減る!

 

内臓脂肪を落とす効果のある健康茶を、日常の飲み物に変えることで、効果が実感できます。

 

糖分の含まれた飲み物をやめれば、糖分の摂取量が減少します。

 

また、食指の前に飲む習慣にすれば、お茶に含まれる成分が、脂質や糖質の吸収を抑制したり、食事の量を少なくする効果が得られます。

 

内臓脂肪を落とすには?

 

内臓脂肪とは

 

食事から摂取した糖質や脂質は、体のためのエネルギーになりますが、消費しきれずに内臓に蓄積された脂肪のことです。

 

内臓の周りや肝臓などに貯まります。

 

内臓脂肪がついてしまう原因は?

 

炭水化物中心の食事、糖質・脂質の多い食事、アルコールの摂りすぎ、運動不足が主な原因です。

 

【必見】内臓脂肪がつく原因って?放置すると危険か徹底検証!

 

内臓脂肪の減らし方は?

 

筋トレ

 

内臓脂肪を減らすには、蓄積された脂肪を燃焼するのが効果的です。

 

筋トレによって筋力をアップすれば、脂肪の燃焼を促進できます。

 

簡単で効果的な筋トレは、スクワット、腹筋、レッグレイズなどです。

 

内臓脂肪を減らすなら筋トレ?有酸素運動?落ちない悩みを一挙解決

 

断食

 

断食をすると、体の維持に必要なエネルギー源を確保できなくなります。

 

体は内臓に蓄積した脂肪をエネルギーとして使用するので、内臓脂肪を減らす羽化が期待できます。

 

【マル秘】内臓脂肪を減らすなら断食?!効果やおすすめの方法まとめ

 

内臓脂肪を減らす食べ物を摂る

 

食物繊維が豊富なキャベツ、良質なたんぱく質を含む豆腐、腸内環境を整えるヨーグルトなどを食事に加えるとよいでしょう。

 

内臓脂肪を減らすヨーグルトはコレ!【効果・口コミで比較】おすすめ5選

 

食生活を変える

 

内臓に脂肪が蓄積するのは、過食や偏った食生活が原因です。

 

バランスの良い食事が基本ですが、炭水化物、脂質、糖質の摂取を控えて、タンパク質や野菜を多めにするとさらに効果的です。

 

アルコールも糖分を多く含んでいるので、極力控えることが必要です。

 

内臓脂肪を落とすなら食事療法がカギ!おすすめレシピ&食品の選び方も紹介

 

まとめ

 

内臓脂肪は過剰に蓄積したまま放置しないことが大切です。

 

内臓脂肪に効果のあるお茶を利用すると、健康維持に役だちます。、